PICKUP
貧困は自分のせい

子どもが行きたい学校に通わせる、おひとりマザーのICHICOです。

MUSUMEは、現在私立小学校に通っています。

学費は、毎月7万円。(5万円に教材費や特別授業費が2万円程かかります。)

収入は、派遣の仕事がメインです。
この収入で生活できるようにしています。

他の家庭と同様に、
家賃・光熱費・通信費・生活費・ローン
を支払っています。

他の副収入分は、私の医療費・MUSUMEのその他の学費、学校では積み立てがないので、校外授業や宿泊を伴う授業はその都度支払う必要があり、その為の準備金としています。

以前にも書きましたが、私は国際結婚で日本では婚姻届けを提出していないので、結婚した国での法律が適応される為、別居9年ですが、ひとり親の助成金や控除などは一切受けられません。医療費の助成もありません。

実質「ひとり親」だけど、行政では「ひとり親」区分ではありません。



できる女になろう!

別居を機に日本に帰国し、全く就業出来ずにやっと働けても時給650円の短期のパート。
そこから私が約3倍の時給を頂けるようになったのは、努力に努力を重ねたからです。

始めが低すぎるから3倍ですが、ご自身の賃金が2倍になるまで努力をしてみて下さい。

努力もせずに、自分が貧困で苦しんでいるのは、行政や他人のせいと思っているのは親として恥ずかしい。

今自分が貧乏なのは、自分のせい。
あなたの子どもが貧困なのは自分のせい

学歴も関係ない。

だって今は中学生だってオンラインビジネスで月7桁稼ぐ時代。

お金がないからできない。頭が悪いからできない。時間がないからできない。○○がないからできない。

何を言っているのか?

時間は全員に1日24時間与えられている。

この24時間をどうやって過ごすかが問題。

仕事と家事に追われて自分の時間がない。

家事にとられる時間を少なくするには、どうしたら良いか。

まず物を減らす。

子どもの出来ることは子どもにしてもらう

家事=家の事で家族内でする事であって、母事=母親のする事ではないです。

私は子どもが一人だからそういう風に言えるのかもしれません。
でも、子どもが3人であれば、その分稼ぐ必要はあるけれども、子どもたちが家事をMUSUMEが一人で行っていることを三人で行うことが出来るのです。

母親が頑張っていればそれを見て、上の子が頑張る。それを見て下の子も真似して頑張る。
頑張るの連鎖反応です。

ひとり一人が生計を立てる

ひとり一人が生計を立てる
この「おひとりマザーLabo」では、ひとり一人が生計を立てることを目標にしています。

それを目指す理由は、ひとり一人が生計を立てられる事で、自分の生きたい人生が生きられます。

私自身がひとり親、病気、行政援助なしでも、質素ですが一人で生計を立てていけていることで、前へと進めています。

今では、私の仕事をする姿をみて有難い事に「できる女」と言って下さる方がいらっしゃること。
また、私と出会い「何かに挑戦したい」と思うようになってくれた方がいます。嬉しい事です。

私は、「長生きをしたい」とは思ったことはありません。ただ「悔いのない人生を送りたくない」と思っています。
私は、最期まで努力を惜しみません。

あなたも、どんな苦労があろうとも、どんなに悲しくても、前を向いて努力してください。私にもあなたにも平等に1日は24時間与えられているのです。

 

❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.
今日もICHICO頑張ったね。明日も頑張ってね。の1クリックをお願いします。

シングルマザーランキング
少しでもランキングがあがると、しっぽ振って喜びます。



おすすめの記事